”生きる”を発信するブログ

自分の人生を懸命に生きて、誰かの人生のお手伝いをしたい!がテーマです。

人が成長する瞬間

こんばんは

 

今日は投稿が少し遅くなってしまいました。

 

先日記事にした娘の自転車の練習ですが、とうとう乗れるようになりました!

youtu.be

日々成長していく娘の姿に感激です。

 

そんなわけで今回は、成長を支えるための、

人財育成のお話をしたいと思います。

 

プライドが高い

私が前の会社に入社したての頃、育成担当者の人に『プライド高いよね』と言われました。

プライドはいろんな体験から形成されていくもので、人としては大切なことですが、私の場合、そのプライドが自分自身の成長を止めてしまう原因にもなっていきました。

 

『自分は頑張ってる』

『周りが自分を理解してくれない』

人に言われたことを素直に受け入れられずにいました。

 

そんな私を育成担当者の方は認めてくれるはずもなく、

なかなか次のステップに進めずにいる私は頭を抱えて悩んでいました。

 

そんな時、育成担当者の方が言ってくれた一言が、

『はい。って素直に受け入れられないと、成長できないよ?自分は間違ってないって考えは成長止まらせるよ?』

でした。

 

知らず知らずのうちに私は、自分の成長を止めていたのです。

言われてもなかなか性格は直らず苦労しましたが、

それ以来人の声に耳を傾けることができるようになりました。

 

今思うと、その出来事は私が社会人になって、初めて大きく成長できた経験でした。

 

性格ではなく、行動を変える

その後、私も経験を積み、店舗運営を任せてもらえるようになりました。

 

新入社員が入ってくると、いろんな新入社員がいますよね。

元気で明るくキビキビ動ける人や、少しゆっくりだけど丁寧に仕事をこなしていく人など。

そんな中、私が育成を受け持った人でこんな人がいました。

 

”プライドがすごく高い”、”上から目線だ”などと周囲の人から言われてしまっている人。

 

例えば、一所懸命頑張っていたが、ミスの多いアルバイトスタッフがいて、

その人の前で、『〇〇さんはミスが多いので、△△さんやってください』と言ってしまったり、アルバイトスタッフがせっかく提案した事を、頭ごなしに否定して聞く耳を持たなかったりしていました。

 

私が彼に言ったのは、

『言ってることは分かる。仕事上での判断としては間違ってはいないんだけど、行動と言動は間違ってる。』

 

私が意識したのは、決して人格を否定しないことです。

”プライドが高い”、”上から目線”など、

性格はなかなか変えられるものではありません。

しかし、行動は変えられます。

 

大事なことは”行動を変えること”だと思います。

 

それから、数ヶ月後私の上司がお店に輪店した際に、

その新入社員を見て、『なんか雰囲気変わったね!』と言っていただけました。

 

人が成長していく事に喜びを覚えた経験でした。

 

人財育成に必要な事

私の場合でもそうですが、人が成長する瞬間というのは、

たった一言だったり、本の一瞬の出来事だったりします。

そんな一言や、一瞬を育成担当の人は、タイミングを逃さず、伝えてあげる必要があります。

そのためには、”いつも見てあげている”という愛情が必要です。

それには育成する人を本気で好きになる事が大切なのではないでしょうか?