”生きる”を発信するブログ

自分の人生を懸命に生きて、誰かの人生のお手伝いをしたい!がテーマです。

何か上手くいかない時の”6つの精進”

こんにちは

 

突然ですが、みなさん『6つの精進』という言葉は聞いた事ありますでしょうか?

 

これは、京セラの創始者でもある稲盛和夫さんが、

人生や仕事において重要であると唱えたもので、

経営を学んでいる人であれば、一度は聞いた事ある言葉かもしれませんね。

 

この『6つの精進』どういうものかというと、

1.誰にも負けない努力をする

2.謙虚にして驕らず

3.毎日の反省(利己の反省及び、利己の払拭)

4.生きている事に感謝する(幸せを感じる心は、”足るを知る”心から生まれる)

5.善業、利他業を積む

6.感性的な悩みをしない

 

というもので、人の人物力を見る上での一つの指標としても見る事ができると言われています。

 

この言葉自体はよく見かけた事がある人もいるかもしれません。

しかし、私はこの言葉はどのように”解釈するか”が大切だと感じています。

 

そこで私なりの解釈を今回のブログでは書いていきたいと思っております。

 

目次 

 

1.誰にも負けない努力をする

『誰にも』ってあるけど、一体『誰に』負けないように努力をすればいいのでしょうか?

先輩社員?同期の誰か?はたまた隣の部署のあの人?

私が考えた末行き着いたのは、

 

『自分』に負けない努力をするということでした。

 

『自分』に負けないってどういうことかというと、

『自分が自分にした約束を果たす』ということです。

 

『子供より早く起きる』

『子供が寝るときは必ず横で一緒に寝る』

『面倒臭いことは最初に片付ける』

 

など、自分で決めた約束を必ず守るということです。

 

2.謙虚にして驕らず

よく勘違いされやすいのですが、控えめにするというのとは違います。

控えめにするというのは遠慮であって、謙虚とは違います。

では、謙虚とはどういうことでしょうか?

それは、向上心を忘れないということだと思います。

どんなに知識を得て、どんなに技術があっても、

それで満足してしまっては更なる成長はありません。

『自分はまだまだ成長過程だ』という気持ちこそ謙虚さではないでしょうか?

 

3.毎日の反省(利己の反省、利己の払拭)

例えば遅刻してしまった時、どんな事に反省していますか?

目覚ましをかけ忘れたこと?二度寝をしてしまったこと?

本当に反省すべきは、

”他人の事に意識が回ってなかった事に反省”する事だと思います。

1日を振り返ってみた時に、自分が利己的だったシーンは誰でもあると思います。

そんな時のことを毎日反省していきましょうという事だと私は思っています。

 

4.生きている事に感謝する(幸せを感じる心は”足を知る”心から生まれる)

逆に不幸だと感じる時というのは、どういう時でしょうか?

あれが欲しい、これが欲しい、でも、手に入らない。

物でも人でも、欲しいという気持ちに対して、

手に入らない時にこそ”不幸さ”を感じていると私は思います。

そんな時に、現状に満足をする、現状で足りている。という気持ちを持つことで、

”不幸さ”を和らげられるのではないでしょうか?

その気持ちが究極になった時、『生きてるからまぁいっか』になっていくと思います。

 

5.善業、利他業を積む

善業ってなんでしょうか?

ぜん ごう -ごふ [0] 【善業】

〘仏〙 よい報い生むもとになるおこない五戒十善などの仏教上のおこない。 ↔ 悪業

 引用:weblio辞書

では、利他業とはなんでしょうか?

 

り‐た【利他】

  1. 他人に利益となるように図ること。自分のことよりも他人の幸福を願うこと。

 引用元:goo辞書

 

”他人の利益”となる”善い行い”をしましょう。という感じでしょうか?

徳を積みましょうというようにも捉えられますが、

つまりは、気配りをしましょうと私は捉えています。

気配りというのは、相手の一歩先を考えて行動する必要があります。

その為には他人の事に目を配り、他人の利益となる行動を意識していく必要があるのではないでしょうか?

 

6.感性的な悩みをしない

これは、簡単に言うと、悩んでもしょうがない事を悩んでも始まらない。

ということです。

私は以前勤めていた会社の上司によく言われたのが、

『悩まなくていいから考えろ!』でした。

『悩むという行為は前に進むことではない。』

『それよりもどうすればいいか考えろ!』

よく言われましたが、未だに悩んでしまいますね・・・。

 

また、もしや悩んだ時は、この”6つの精進”の1〜5番までをもう一度見直してみるといいそうです。

もし、見直した時に、自分は全ての項目をしっかり意識している!

という人は、6番のように悩む必要はないということです。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

あなたはどの項目が自分に足りていないと感じますか?

 

うつ病の私は今、全てにおいて足りてないですけどね・・・。