”生きる”を発信するブログ

自分の人生を懸命に生きて、誰かの人生のお手伝いをしたい!がテーマです。

名曲を生み出す超名進行

こんにちは

 

今日は娘の親子レクに行ってまいりました。

久しぶりの運動でバテ気味なるぬ、バテバテ気味です。

f:id:canonaria:20160612154448j:plain

 

ところで今、娘の学級では岡本真夜さんのtomorrowを歌っているらしく、

普段学校で歌っている曲に”ハマる”ということなど、めったにない娘でも、

岡本真夜さんのtomorrowに関しては狂ったように何度も歌っています。

 

tomorrowが発売されたのは1995年で、私が娘と同じ年くらいに発売されていて、

発売当初の売上もオリコン集計では177万枚の大ヒットを記録している楽曲なんですよね。

私も昔狂ったように歌っていましたが、世代を超えた今でも歌われているのもうなずけますよね。

 

何と言ってもこの曲メロディが親しみやすいことこの上ない!

 

どうすればこのような神がかったメロディーが生まれるのか?

その背景には音楽的に言うとコード進行にあるんですよね。

 

そう!有名な話ですがカノン進行というやつです。

 

カノン進行とは、よく結婚式などで使われることが多い、

パッヘルベル作曲の『カノン』という曲とコード進行で、

(コード進行とは分かりやすく言うと、伴奏の流れをイメージしてください。)

そのコード進行とtomorrowは全く同じ進行で構成されているんですね。

 

このカノン進行、実はtomorrow以外にもたくさんの名曲を生み出してるんですよね。

そこで私の拙い演奏ではありますが、カノン進行で構成されている名曲をメドレーで弾いてみました。


カノンメドレー

いかがでしょうか?

うーん、どれも一発屋の人の曲が多い気もしますね。

実はパッヘルベルもこのカノン以外はほとんど売れていないので、

カノン一曲の一発屋だったようですね。

 

それでも、後世にわたって残り続ける曲を生みだすというのは、すごいことですね。

tomorrowも私の代から娘の世代、この先もずっと歌われ続けていくのでしょうか。